インドとジェネリック医薬品

 

インドにジェネリック医薬品が多い理由イメージ画像⑩

特許期間って何?

まず、先発医薬品には「特許期間」があります。 一般的に医薬品の「特許期間」というのは、原則として出願してから20年間です。

ですが、新薬の治験が開始される前に出願される場合が大半なので、基本的に販売するときには残りの特許期間が10年程度くらいになっていることが多かったりします。

また、新薬の販売の承認にも時間がかかります。その場合はそこからさらに5年間の延長をすることが出来るようになっています。

 

特許の種類

特許については大きく分けて4種類あり、特許の種類によって何が特許として保護されるのかによって違います。

具体的には「物質特許」と呼ばれるものは、有効成分に関する物質の特許のことで、化学式や物質名によって構成されます。

そして「製法特許」は薬自体の製造方法を表す特許です。

さらに「用途特許」というのは、その新薬の使用方法を対象にしたものです。

製剤特許」は、薬に使われている副成分、添加物等に対し、特徴がある場合は対象となる特許です。

これ以外にもいくつかの特許があり、医薬品によって幾つもの特許が保護されています。 特許期間が切れた場合にジェネリック医薬品を他の製薬会社が製造できるようになるわけですが、ここでいう「特許」というのは主に「物質特許」が一般的です。

安心安全の海外ジェネリック通販

 

ジェネリック医薬品の製造はインドが世界一

ジェネリック医薬品は諸外国の製薬企業が製造していますが、インドが世界で一番多くジェネリック医薬品を製造しています。

どうしてインドでジェネリック医薬品を開発する製薬会社が多いのかといえば、 実はインドの特許法に大きな特徴があります。そのためインドではジェネリック医薬品が比較的容易に製造できていた為です。

具体的にいうと、 先述した「物質特許」と「製法特許」などの特許が国際的に存在しています。国際的ルール(各国間の条約等)で特許権を保護する流れが有るため一般的にはジェネリックの製造が出来ないようになっています。しかし、インドの場合では特許法として「物質特許」が認められていなかったという事情が有りました。

製法特許は認めているので、新薬と同様の成分を使って、まったく違う製法で作ることによって、ジェネリック医薬品として製造できていたわけです。簡単に言うと新薬と同じ成分でも形状が異なればインドでの製造は特許権に保護されないシステムでした。2005年に法律が変わって、画期的な新薬に対しては物質特許が認められるようになりました。

お薬レスキュー119 ホームへ

 

世界でもトップレベルのインド医療

インドの医療は国際的に高く評価されています。インドでは経済が急激に成長しており、医療レベルは世界でもトップクラスといわれており、難病治療の為に、わざわざインドまで行く人もたくさんいます。

インド国内で展開している「アポロホスピタル」と呼ばれる病院では、心臓や肝臓の移植手術の分野において、世界でもトップクラスを争うほど高水準の病院だといわれています。

諸外国からインドの「アポロホスピタル」に訪れる人は年間でおよそ10万人程度いるといわれていますので、いかにインドが医療において高度な水準を持っているのかわかります。日本でも医療ツアーで中国等からたくさんの方がこられています。

「アポロホスピタル」は国内で40程の病院を経営し、4千人ほどの医師が在籍しているそうで、ちなみに心臓手術の施術数は5万5千件以上で成功率は99%だそうです。

インドの場合は物価も安く、高価な医療費を大幅にコストダウンできるのも理由の一つなのかもしれません。 またインドの公用語はヒンディー語ですが、第二公用語として英語が採用されていますので、英語でコミュニケーションをとることが出来るのも理由の一つと言えそうです。

それもあってインドの医療に興味がある人のための医療ツアーを先進国の旅行販売店が積極的に展開しているようです。

例えば、心臓手術の場合、アメリカだと5万ドルは必要だと言われますが インドだと5千ドル程度

肝臓移植はアメリカが50万ドルでインドが5万ドル程度と言われています。

骨髄移植だとアメリカが40万ドルでインドだと4万ドル弱だと言われています。

医療技術が高い国と言えば、先進国のイメージがありますが、現実的には医療という分野においてインドは先進国をも凌ぐレベルです。日本でもインドと言えばIT国家で、理系のエリートが多いというイメージが浸透しています。インドで製造される多くのジェネリック医薬品についても、後進国だから心配だというのは、もう時代遅れなようです。

安心安全の海外ジェネリック通販

 

インドのジェネリック市場は2020年には倍増イメージ画像⑪

インドでは安価な後発医薬品ジェネリックの市場が拡大しています。同国商工会議所連合(ASSOCHAM)と現地調査会社RNCOSの調査によれば、市場規模は2020年には280億ドル(約3兆3580億円)に達すると予想しています。

現在の131億ドルから年平均16.3%で急成長すると予測できると、現地紙等が報じているようです。

市場拡大の理由として、インドでは所得増や生活習慣病の増加などによって安価な後発医薬品ジェネリックの需要が伸張すると予測されています。

さらに、2019年にかけて新薬の特許切れが続く特殊な事情等からも、後発医薬品ジェネリックの市場拡大が予測されています。

2020年にはインドの医薬品市場全体の85%程度を後発医薬品ジェネリックが占めると予測されており、 同調査によるとインドの新薬も含めた医薬品市場は、14年の154億ドルから向こう5年間、年平均13.3%程度で拡大すると予測され、20年には市場規模が327億ドルに達し、世界6位の医薬品市場になると言われています。

日本でもジェネリックの販売は国内製薬企業が行い、実際の製造はアウトソーイングでインドで製造していることが、意外とまだまだ知られていません。

 

お薬レスキュー119 ホームへ