ピル通販について全力で解説します!

ピルは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲストーゲン(黄体ホルモン)という二つの女性ホルモンが少量ずつ含まれる錠剤です。 ピルに含まれるホルモンと卵巣で作られるものはほぼ同じ構造なので、ピルを服用することにより脳内で「ホルモンが分泌されている」と勘違いを起こし、排卵することが無くなります。 その結果、避妊が可能となるわけです。排卵が止まるといっても服用している期間だけですので、服用をやめれば、短期間で排卵が再開し妊娠が可能です。

お薬レスキュー119 ホームへ

なぜピルを使うの?

避妊方法にも色々な方法がありますが、女性主導で避妊が行えるのがピルのよい所です。ただ単に避妊を行うだけでなく、ホルモン治療としても利用される事が少なくありません。ピルのメリットをみてみましょう。
・女性主導で避妊が確実に行える事。
・ほぼ100%の避妊効果が期待でき、服用を止めれば直ぐに妊娠が可能。
・副作用が少なく、妊娠中に間違って服用しても胎児に影響が少ない。
・性感を損なう事もなく、体への負担が少ない。
・費用が安い。
以上がピルを利用するメリットとなります。
ピルの避妊率は非常に高く、女性の主導によって避妊が行える為確実といえます。次に外科手術が避妊率が高く、一般的に利用されているコンドームは100人利用されたうち12人が妊娠の可能性があるという報告も出ているみたいです。ピルは薬によって排卵を起こさない方法ですから、精子が子宮内に入り込んできても受精する事がありません。しかし、他の方法では排卵が起こっていますので、特にコンドームに関しては男性側の使い方により失敗する危険性も高くなるのです。

避妊目的以外の場合

低用量ピルはほぼ100%の避妊効果が期待できる薬ですが、その他にも副効用がたくさんあります。例えば、生理痛の軽減、月経量の減少、生理不順の改善、PMS(月経前症候群)の緩和など、女性にとって、生活の妨げになりかねない辛い症状が改善されるのです。 また、ホルモンバランスが整うことで、生理前にニキビが出来たり肌あれが起こるという悩みも無くなりますし、生理予定日の「ずらし」が簡単にできるので、生活習慣の至るケースで役に立つことばかりです。排卵を抑えることで卵巣を健康的な状態にキープし、卵巣癌や良性卵巣腫瘍などにかかる心配が下がるのも特徴的です。

ピルってどんな種類があるの?

ピルには卵胞ホルモンの含有量によって種類が区別されています。低・中・高用量ピルの3種類がありますが、近頃は副作用が少ない低用量ピルが主流で利用されています。ピルは卵胞ホルモンの含有量によって区別され、中・高用量ピルは月経困難症(pms)などのホルモン治療として利用されたりしています。ピルの種類によって副作用が大きくなり、悪心、嘔吐、乳房が張るなどの影響が出てしまいます。その副作用を極力少なくしたのが、現在利用されている低用量(超低用量)ピルとなります。低用量(超低用量)ピルによって不正出血などの症状が出たケースでは、中用量ピルに変更する事もあります。どちらも避妊の効果は同様ですが、低用量(超低用量)ピル飲み忘れには注意が必要です。飲み忘れると、避妊効果が無くなります。他には、ピルには卵胞ホルモンだけでなく黄体ホルモンが含まれているタイプ、卵胞ホルモンだけのタイプなどの種類もあります。両ホルモンの配合量が同じタイプもあれば、途中で配合量が変わっていくタイプもあります。同じタイプの場合は、21日間全てが同じホルモン量のため、飲み違いが少ないので大変便利です。しかし、途中でホルモンの量が変わってくるピルでは、飲み間違えを起こすと避妊効果が薄れてしまいますし、不正出血が起こる可能性もありますので注意が必要です。

安心安全のトリキュラー通販