飲み方・服用方法

ピルは、基本的に4週間が1サイクルで1シートとなって販売されています(1シートが21錠タイプと28錠タイプがあります)。 まず生理の初日から毎日1錠ずつ、できるだけ同じ時間帯に服用して、それを3週間続けて、最後の1週間は服薬を休みます。休んだときに経血が生じますが、このときの出血は、排卵がない「無排卵月経」です。この流れを繰り返していきます。
ピルは含有される卵胞ホルモンの量によって種類が分けられています。低・中・高用量ピルの3種類がありますが、近年では副作用が少ない低用量ピルが主流になっています。ピルは卵胞ホルモンの含有量によって分けられ、中・高用量ピルは月経困難症などのホルモン治療として利用されています。ピルは卵胞ホルモンの量によって副作用が大きくなり、悪心、嘔吐、乳房が張るなどの悪影響が出てしまいます。その副作用を極力少なくしたのが、現在利用されている低用量ピルとなります。しかし、低用量ピルによって不正出血などの問題が出た場合には、中用量ピルに変更する事もあります。どちらも避妊の効果は同じですが、低用量ピルは卵胞ホルモンの含有量が少ないので、飲み忘れによる避妊効果の中断には注意が必要です。また、ピルには卵胞ホルモンだけでなく黄体ホルモンが含まれているタイプ、卵胞ホルモンだけのタイプなどの種類があります。両方のホルモンの配合量が同じタイプもあれば、途中で配合量が変わってくるタイプもあります。同じタイプの場合では、21日間全てが同じホルモン量のため、飲み間違いが少なので便利です。しかし、途中でホルモンの量が変わってくるピルでは、飲み間違えを起こすと避妊効果が減少しまいますし、不正出血が生じる可能性もあります。殆どのピルでは飲み忘れや飲み違いが無いように、日付別に分別された工夫がされています。また、飲み忘れを防ぐ為に、21日間のホルモンが入っているピルと、7日間の擬似薬プラボゼが入っているタイプもあります。

 

低用量ピルの飲み方

低用量ピルは1日1回1錠を、毎日同じ時間で服用します。販売されている低用量ピルには、21錠タイプと28錠タイプの2種類があります。 28錠タイプには、7錠の偽薬プラボゼが付いています。偽薬は毎日服用する習慣をつけるために考えられたものです。基本的な服用方法は違いません。生理の始まった日を1日目とし、28日間を1周期として考えます。
飲み忘れてしまうと、当然避妊の効果が無くなってしまうので、毎日正しく飲み続ける必要があります。万が一飲み忘れた場合では2日以内であれば対処する事は可能ですが、2日忘れた場合は、新しいシートに取り替えて初めからやり直す必要があります。ピルは1日1回のみの服用で良いのですが、連続して同じ量のホルモンを維持する為に、同じ時間に服用する事が大事です。低用量ピルは正しく服用を開始すれば、その日から効果を発揮する事が可能なのです。

 

 

モーニングアフターピルの飲み方

含まれる女性ホルモンの量が低用量ピルよりもずっと多いため、飲み方も大きく異なります。 緊急避妊薬と言われているモーニングアフターピルの服用方法は、避妊に失敗した性行為の直後~72時間以内に1回目の薬を飲みます。現在の緊急避妊の主流であるノルレボ錠や、そのジェネリック薬のアイピルの場合はその1回で終了です。ヤッペ法と呼ばれる旧来の薬の飲み方では、1回目の服用の12時間後にもう一度服用することが必要です。 モーニングアフターピルは、一度に飲む女性ホルモン量が多いため、嘔吐などの副作用が起こるケースがあります。 服用後3時間以内に吐いてしまうと、効き目がなくなってしまうため、嘔吐せぬよう心がけてください。服用後すぐ寝るなどの飲み方がいいかもしれません。緊急避妊薬モーニングアフターピルの飲み方の大きな特徴は、服用のタイムリミットがあることです。避妊に失敗した瞬間から、なるべく早く、72時間以内に服用するのが正しい飲み方です。避妊効果は服用が早ければ早い程高く、時間が経つに連れて落ちていくため、可能な限り早く飲むことが必要不可欠です。 避妊に成功すると、服用から3日~3週間の間に「消退出血」が現れます。 しかし、着床→妊娠してしまった場合にも出血があります。血の色などで見分けることも出来ますが、素人が判断するのは危険です。 出血が起こった場合は、病院で検査を行いましょう。

 

21錠タイプの場合

生理の始まった日から、毎日決まった時間(ご自身で服用しやすい時間帯を選択下さい)に1錠ずつ21日間服用し、その後7日間服用をストップします。 7日間の休薬中に生理のような出血があります。 この28日を1周期として7日間のお休みが終わった翌日から新しいシートの服用をスタートします。

28錠タイプの場合

生理の始まった日から、毎日決まった時間(ご自身で服用しやすい時間帯を選択下さい)に1錠ずつ28日間服用します。 最後の7錠(プラセボ錠)服用中に生理のような出血があります。 この28日間すべて服用したら、そのまま翌日から続けて新しいシートの服用をスタートします。

 

飲み始める時期が違うタイプ

月経が始まった日に飲み始めるday1(デイワン)タイプと、月経がきてからはじめてくる日曜日から飲み始めるSunday(サンデイ)タイプがあります。どちらも効果は一緒ですが、Sundayタイプは、生理が日曜日にあたらないようにするタイプなので、土日のイベントや旅行などを考えている方はこのタイプを選ぶと便利でしょう。 ただ、Sunday(サンデイ)タイプは1週間~2週間は確実な避妊効果が得られませんので、他の避妊方法(コンドームなど)を併用してください。