低用量ピルとは

女性の卵巣で作られる”卵胞ホルモン(エストロゲン)”と”黄体ホルモン(ブロゲステロン)”が少量ずつ含まれる錠剤です。 この2つのホルモンが脳下垂体に働きかけて卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑えます。そのため、排卵がストップし、避妊できるようになるメカニズムなので、服用を中止すれば短期間で元の状態に戻せます。日本はピル後進国だと感じます。低用量ピルが1999年に日本で承認されても、その傾向はあまり変わっていません。日本がピル後進国なのは、ピルの承認が遅れたとか、ピルの普及率が低いからだけではないみたいです。ピルについての偏見が非常に強いからと考えられます。ピルは、「太る」「副作用が怖い」などの固定観念からまだまだ回避されがちですが、欧米諸国では「女性の意思で妊娠を調節できる避妊法」として広く周知されており、避妊率はほぼ100%避妊です。

お薬レスキュー119 ホームへ

 

「低用量」とは女性ホルモンの含有量のことです

卵胞ホルモン(エストロゲン)含有量が50マイクログラム未満のものが低用量ピルと言われています。 “卵胞ホルモンが少ないため、吐き気などの副作用が少なく体に優しいという利点がありますが、毎日飲まねばならず、2日飲み忘れると避妊効果がなくなってしまうマイナス点もあります。 現在では、更に用量の少ない「超低用量ピル」と呼ばれるものも出てきて、代表格であるヤーズは20マイクログラムです。
ピルの主な副作用は、卵胞ホルモンが起こすものなので、含有卵胞ホルモン量を減らすための研究が進めらています。高い避妊効果はそのままに、出来るだけ副作用は減らしていこうとしていく過程で、どのようにして卵胞ホルモン含有量を減らすかが研究なされています。その結果、今日世界中で使われている低用量ピルは、これまでとは比べ物にならないほど、女性の体に優しい薬となっています。中でも超低用量ピルと呼ばれるヤーズなどは、副作用が辛くてこれまでピルを使うことをギブアップしていた女性でも、安心して使用することが出来るようになっています。

 

低用量ピルの入手

 低用量ピルを病院で出してもらう場合

低用量ピルは、女性ホルモンを飲むことによって避妊効果を発揮するという、女性の体に相当な変化を起こす薬であるため、日本での取り扱いは「処方箋薬」です。一度病院で受診し、医師の判断がなければ、低用量ピルは入手できません。そのため、病院で出してもらいたい場合は婦人科の病院に行って医師に低用量ピルを利用してみたい意を伝え、問診や検査を経て「処方箋」を出してもらいましょう。

低用量ピルを通販で買う場合

また、低用量ピルは通販で合法的に購入する事も可能です。海外の低用量ピルを通販で買うことは自身の使用分に限っては合法とされています。通販で買う場合は「個人輸入代行業者から海外の低用量ピルを買う」という形式になります。個人輸入と聞くと、何やら面倒そうと考えてしまう方もいるかもしれませんが、普通の通販と同じ感覚で購入することが出来ます。

 

 

コンドームよりも安全な低用量ピル

大幅に避妊成功率が高い低用量ピル

低用量ピルの方が避妊の成功率がずっと高いのは事実です。 避妊の効果を表す一般的な指標として、「パール指数」というものがあります。これは、ある避妊法を、100人の女性が1年間採用した場合に、避妊に失敗する確率を示すものです。 これによると、コンドームを使った場合の避妊失敗率は3~14%、低用量ピルを使った場合の避妊失敗率は0.1~5%のようです。 低用量ピルの方が、圧倒的に避妊失敗率が低いのが分かります。

併用で二重の安心

セックスの時にコンドームを使用することは、意味は避妊だけでしょうか?。 実はコンドームのもう一つの大きな役割は「性感染症の予防」だと言えます。コンドームは男性器をすっぽり覆ってしまい、性交時にお互いの粘膜が触れるのを阻止します。性感染症は、性器同士の接触が原因で伝染するものがほとんどであるため、コンドームの使用は、性感染症の予防に大いに有効です。 一方低用量ピルは、性感染症を予防する力はありません。 最も安全なセックスは、コンドームと低用量ピルの両方を用いたセックスという流れです。 避妊は低用量ピルで行い、性感染症の予防はコンドームでするイメージです。「望まぬ妊娠」と「性感染症」を、低用量ピルとコンドームで退けて、安心で楽しいセックス生活を楽しみましょう。

安心安全のアイピル

 

低用量ピルの飲み方と効果

低用量ピルの飲み方

低用量ピルの飲み方はかなり簡単で、「1日1錠、錠剤を飲む」が基本です。低用量ピルは、服用している期間の体内のホルモンバランスを、妊娠中のものとそっくりにすることで排卵をストップさせることによって妊娠を抑止します。 低用量ピルの使用方法は、生理の初日から飲み始め、その後は毎日1錠ずつ、決められた順序で21日間飲んだ後、7日間の休薬期間のあと、また次のシートから飲み始めます。 低用量ピルは、正しく避妊効果を出すためには、毎日飲むことが不可欠です。1日の飲み忘れならカバー出来るので問題ありませんが、2日続けて飲み忘れた場合は、避妊効果はなくなっています。その月の残りの分の低用量ピルを飲むのは止めて、医師に相談しましょう。

低用量ピルの避妊効果

正しい飲み方をすれば、低用量ピルは非常に高い避妊効果を発揮し、妊娠を防ぐことが可能です。その上、低用量ピルは一度に摂取する女性ホルモンの量が多くないので、副作用も少なく、最も安心で確実な避妊効果を期待出来る方法です。なお、服用をストップすれば避妊効果はなくなり妊娠も可能となります。 低用量ピルの避妊効果以外のメリットとしては、生理をきっちり28日周期に整えるため、ダイエットや旅行の行動予定が立てやすくなることです。また、生理そのものが非常に軽くなるため、月経困難症と月経前症候群の辛い症状も抑えることが可能だと言えます。経血量も少なくなるので女性にとってはうれしいメリットですね。

 

低用量ピルの分類「世代」って?

開発された年代により、低用量ピルを区別する分類方法です。使用されている黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)の種類もちがっていて、第一~第四世代に分かれます。

第一世代ピル

黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)として最初に開発されたノルエチステロンを使用した低用量ピルです。卵胞ホルモン(エストロゲン)の作用が大きくないため、黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)が多めに含まれている傾向があります。しかし、アンドロゲン作用(男性化症状)が少ないことから、バランスの良い低用量ピルとして今現在でも人気があります。月経量を減少させ、PMS(月経前症候群)の沈静にもよく用いられています。低用量ピル発祥の国アメリカで最も支持されているものは、この第一世代ピルです。

 

 

第二世代ピル

レボノルゲストレルを使用した低用量ピルです。第一世代低用量ピルは黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)が多いのが特徴でした。この量を抑えるために開発されたのがレボノルゲストレルです。黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)含有量を軽減しつつ、強い避妊効果が望めるのが特徴ですが、デメリットとして男性ホルモンであるアンドロゲンの作用が強くなり、体重の増加、体毛が濃くなる、ニキビが増えるなどの、「アンドロゲン作用(男性化症状)」と言われる副作用があります。このアンドロゲン作用(男性化症状)を抑えるために、徐々に摂取ホルモンを増やしていく方式(三相性)になっているものが多くなっています。

第三世代ピル

第二世代低用量ピルの効能を保持しながら、アンドロゲン作用(男性化症状)を更に抑える研究の結果開発された、デソゲストレル、ゲストゲン、ノルゲスチメイトなどを利用した低用量ピルです。アンドロゲン作用(男性化症状)を抑えることには成功しましたが、血栓症のリスクが高くなったと指摘されています。しかし、この血栓症リスクに対する問題点が後に数々改善され、近年では血栓症リスクは第二世代の低用量ピルとほとんど変わらないようになりました。 第三世代の低用量ピルの代表はノベロンです。