ピルと月経困難症(生理痛)

 

このページは月経困難症(生理痛)の説明をしているので、ピルでの治療として「お薬レスキュー119」の低用量ピルのトリキュラーのページへリンク

海外ジェネリック通販|月経困難症の治療でトリキュラーをお探しなら、安心度No1の「お薬レスキュー119」にお任せください

月経の開始に伴って、女性の80~90%が月経痛(主に腰痛や腹部痛)の疼痛と共に頭痛、悪心、だるさ、イライラ、嘔吐、不眠などの症状を伴う不快感を感じていると言われています。多くの人はこれらの症状はさほど強くなく、日常の生活や仕事に支障がない程度の症状ですので、大きな問題にはなりません。しかし、その20%~40%のひとが、仕事や日常生活に支障を来すほど、症状に苦しんでいるといわれています。一般的にはこれらの症状を伴い、月経終了後に症状が消失または軽減するものを月経困難症といいます。月経痛(生理痛)はほぼ同じ意味として使われています。

よくある症状の例

・生理の時は痛みやしんどさで毎回寝込んでしまう。
・生理の時は毎回下痢気味である。
・生理の時は必ず、痛み止めの薬が必要だ。
・腰痛や腹痛のみならず、頭痛や吐き気を起こす。

低用量ピルのトリキュラーの購入はこちらへどうぞ。

月経困難症の原因

このページは月経困難症(生理痛)の説明をしているので、ピルでの治療として「お薬レスキュー119」の低用量ピルのトリキュラーのページへリンク

海外ジェネリック通販|月経困難症の治療でトリキュラーをお探しなら、安心度No1の「お薬レスキュー119」にお任せください

 

・機能性月経困難症
骨盤内に痛みの原因となるような特別な原因が無い場合で、ほとんどの月経困難症がこれにあたります。子宮や卵巣の「かたち(器質)」は正常なのに「はたらき(機能)」に問題があり、生理痛がおきるものが機能性月経症と言われます。一般的には症状は生理が始まる直前から生理1日目に最も強く表れるようです。

 

・器質性月経困難症
病気が原因となって引き起こされるもので、子宮内膜症・子宮筋腫・子宮や卵巣の炎症・子宮後屈症・子宮奇形などの婦人科の病気が原因となる月経困難症です。
初潮後数年から10数年以上痛みが無かった人が、ひどい月経痛を伴うようになった場合は、子宮や卵巣の「かたち=器質性」に問題が生じている、器質的月経困難症の可能性が考えられますので一度病院で診察を受けることを勧めます。

低用量ピルのトリキュラーの購入はこちらへどうぞ。

 

月経困難症の治療

このページは月経困難症(生理痛)の説明をしているので、ピルでの治療として「お薬レスキュー119」の低用量ピルのトリキュラーのページへリンク

海外ジェネリック通販|月経困難症の治療でトリキュラーをお探しなら、安心度No1の「お薬レスキュー119」にお任せください

 

・病院での治療
まず痛みに対しては、鎮痛剤、鎮痙剤などを処方してもらいましょう。漢方薬も有効です。イライラや、鬱症状、不安感や不眠などの精神症状を伴うときに抗不安薬を処方してもらいます。また、子宮筋腫、子宮内膜症などの病気がある場合は、その疾患の治療を行います。

・ピルでの治療
低用量ピルを服用することで、排卵や子宮内膜が厚くなることを抑えることができ、その結果痛みの物質(プロスタグランジン)を抑え、月経痛や腰痛などの症状を改善します。病院で処方してもらう以外にも、通販での購入も可能です。

低用量ピルのトリキュラーの購入はこちらへどうぞ。