月経前症候群(PMS)・月経前緊張症・月経前不快気分障害(PMDD)

このページは月経前症候群(PMS)の説明をしているので、ピルでの治療として「お薬レスキュー119」の低用量ピルのトリキュラーのページへリンク

月経前症候群(PMS)の治療でトリキュラーをお探しなら、安心度No1の「お薬レスキュー119」にお任せください。

 

生理の開始一週間前頃より神経が過敏・緊張状態となり、手足や顔面、お腹のむくみや肌荒れが現れ、体重増加、食欲増加、抑うつ状態などの症状が現れます。ほとんどの場合はこれらの症状は、月経の開始とともに消失または軽減します。80%~90%の人が何らかのこれらの症状を感じていると言われています。PMSの原因は、排卵後の女性ホルモンの急激な変化が関係していると言われています。生理前は黄体ホルモンの分泌が増加し、生理が始まると急に減少することから、この黄体ホルモンが関係しているのではないかといわれていますが、はっきりした原因はまだわかっていません。

月経前症候群(PMS)の治療でしたらトリキュラーがお薦めです。

月経前症候群(PMS)の症状

このページは月経前症候群(PMS)の説明をしているので、ピルでの治療として「お薬レスキュー119」の低用量ピルのトリキュラーのページへリンク

月経前症候群(PMSの)治療でトリキュラーをお探しなら、安心度No1の「お薬レスキュー119」にお任せください。

症状は大きく分けると以下の5つのタイプに分類されます。

1、精神面
絶望感、抑うつ状態、気分の落ち込み、憂うつ、悲壮感
2、食欲面
食欲亢進(ストレスによりチョコレートなどの甘いものを好む)
3、イライラ等の情緒面
だるい、眠い、不安、イライラする、怒りっぽくなる、疲れ
4、疼痛面
下腹部の痛み、乳房の張りや痛み、頭痛、めまい、吐き気
5、身体面
肌荒れ、にきび、手足のむくみ、乳房の張り等

月経前症候群(PMS)の治療でしたらトリキュラーがお薦めです。

月経前症候群(PMS)の治療

このページは月経前症候群(PMS)の説明をしているので、ピルでの治療として「お薬レスキュー119」の低用量ピルのトリキュラーのページへリンク

月経前症候群(PMSの)治療でトリキュラーをお探しなら、安心度No1の「お薬レスキュー119」にお任せください

病院での治療

不安や緊張などの症状が強い時は抗不安薬、漢方などを処方してもらいます。むくみや体重増加が目立つ時は利尿剤などを処方してもらいましょう。

ピルでの治療

低用量ピルも有効です。肌荒れ、にきびに困っているときは一度、ピルの服用を試してみることをお勧めします。(使用が初めての時は、一度医師の説明を受けてからにしましょう)

自身での治療

食欲亢進の目立つ時は、食塩や砂糖などを制限する食事制限を行うことをお勧めします。ウォーキングや水泳、ヨガや体幹トレーニングなど体を動かすことで血流を良くすることも有効です。またアロマテラピーなども有効といわれています。

 

月経前症候群(PMS)の治療でしたらトリキュラーがお薦めです。