ピルの種類と区別

 

ピルには卵胞ホルモンの含有量によって種類が区別されています。低・中・高用量ピルの3種類がありますが、近頃は副作用が少ない低用量ピルが主流で利用されています。ピルは卵胞ホルモンの含有量によって区別され、中・高用量ピルは月経困難症(pms)などのホルモン治療として利用されたりしています。ピルの種類によって副作用が大きくなり、悪心、嘔吐、乳房が張るなどの影響が出てしまいます。その副作用を極力少なくしたのが、現在利用されている低用量(超低用量)ピルとなります。低用量(超低用量)ピルによって不正出血などの症状が出たケースでは、中用量ピルに変更する事もあります。どちらも避妊の効果は同様ですが、低用量(超低用量)ピル飲み忘れには注意が必要です。飲み忘れると、避妊効果が無くなります。他には、ピルには卵胞ホルモンだけでなく黄体ホルモンが含まれているタイプ、卵胞ホルモンだけのタイプなどの種類もあります。両ホルモンの配合量が同じタイプもあれば、途中で配合量が変わっていくタイプもあります。同じタイプの場合は、21日間全てが同じホルモン量のため、飲み違いが少ないので大変便利です。しかし、途中でホルモンの量が変わってくるピルでは、飲み間違えを起こすと避妊効果が薄れてしまいますし、不正出血が起こる可能性もありますので注意が必要です。殆どのピルでは飲み忘れや飲み違いが無いように、日にち別に分別された仕様になっています。通常は1シートに21日分がほとんどです。毎日忘れずに飲んでいると、7日間の休みの日が自然と来るようになっています。またホルモンの量が異なるピルでは、量によってピルの色を変えたりして分かりやすくしています。また、飲み忘れを防ぐ為に、21日間のホルモンが含まれたピルと、7日間の擬似薬が用意されているタイプもあります

 

 

1~3相性(そうせい)

低用量ピルは、女性ホルモンの配合比率によって、1相性、2相性、3相性の3種類に区別されます
・1相性…薬に含まれるホルモンの量がずっと同じタイプ。
・2相性…黄体ホルモンの量が後半増えるなど、2段階に変化していくタイプ。
・3相性…黄体ホルモン量が3段階に変化していくタイプ。
どのタイプのピルにするかは、生活習慣なども考え、医師とよく相談して選びましょう。

錠数タイプ

・21錠タイプ
毎日、決まった時間に1錠ずつ21日間服用し、その後7日間服用を中断するタイプです。 最後の錠剤を飲み終えた後、月経のような出血が起こります。 この28日を1周期として7日間のお休みが終わった翌日から新しいシートの服用を開始します。
21日間服用+7日間休薬→28日で1周期

・28錠タイプ
飲み忘れを防ぐために最後の7錠はホルモンの入っていない偽薬(プラセボ錠)がついたタイプです。 毎日、決まった時間に1錠ずつ28日間服用し続けます。 偽薬(プラセボ錠)服用中に月経のような出血があります。 この28日間すべて服用したら翌日から続けて新しいシートの服用をスタートします。
21日間服用+7日間服用(偽薬プラセボ)→28日で1周期