トリキュラーの特徴と成分

このページでは低用量ピルのトリキュラーの飲み方・効果・副作用・入手方法・値段等を解説しているので、「お薬レスキュー119」のトリキュラー購入画面へのアクセスとして商品画像を添付

海外ジェネリック通販でトリキュラーをお探しなら、安心と信頼のスピード対応!「お薬レスキュー119」にお任せください

トリキュラーは「低用量ピル」の一種で、主な成分は合成女性ホルモンです。女性ホルモンを飲むことによって、体内のホルモンバランスを妊娠中に近い状態にすることで、妊娠を防ぐお薬です。 トリキュラーのシートには、三色の錠剤があります。赤い錠剤、黄色い錠剤、白い錠剤です。トリキュラー28の場合は、更に、少し大きな白い錠剤の偽薬プラボゼがついています。色の違いで含まれている女性ホルモンの量の違いを表しています。トリキュラーは「三相性ピル」といい、女性ホルモンの含有量が違う三種類の薬がひと月分のシートに含まれています。だんだん飲む量が増えていくことで、自然なホルモンバランスの変化に似せて行くというわけです。ホルモン量の違いは、錠剤の色で表されています。赤、白、黄色です。トリキュラー28の場合は、これらに加えて白の大きな錠剤があります。これは偽薬(プラセボ)で、女性ホルモンを含まない錠剤となっています。

ピルの通販「お薬レスキュー119」でトリキュラーの購入はこちらから

内容量

トリキュラー21…1シート/21錠(1ヶ月分)
トリキュラー28…1シート/28錠(1ヶ月分) ※7錠7日分が飲み忘れ防止用の偽薬(プラセボ)です。

主成分・有効成分

黄体ホルモン:レボノルゲストレル(levonorgestrel) 卵胞ホルモン:エチニルエストラジオール(Ethinyl estradiol)
・赤の錠剤 レボノルゲストレル 0.05mg  エチニルエストラジオール 0.03mg
・白の錠剤 レボノルゲストレル 0.075mg  エチニルエストラジオール 0.04mg
・黄色の錠剤 レボノルゲストレル 0.125mg  エチニルエストラジオール 0.03mg

分類

第二世代・三相性ピル
トリキュラーは「第二世代ピル」で、日本で利用され始めたのが早く、効果と安全性が実証されています。初心者でも取り入れやすい低用量ピルのひとつと言えます。 また、トリキュラーは「三相性ピル」といって、日々飲む女性ホルモン量を、3段階のステップで増やしていくタイプの薬です。急激なホルモンバランスの変化は、吐き気などの副作用を起こします。このように滑らかに増やしていくことで、辛い副作用を抑える狙いがあります。トリキュラーには21と28の2種類があり、ちがいは偽薬(プラセボ=ホルモンを含まない錠剤)の有無のみです。錠剤は、赤→白→黄色の順番に飲みます。順番通りに、1日も欠かさずに飲みましょう。 飲み忘れると避妊効果が無くなりますので注意が必要です。

製薬会社

バイエルシェリング

 ピルの通販「お薬レスキュー119」でトリキュラーの購入はこちらから

トリキュラーの入手方法・値段・価格

このページでは低用量ピルのトリキュラーの飲み方・効果・副作用・入手方法・値段等を解説しているので、「お薬レスキュー119」のトリキュラー購入画面へのアクセスとして商品画像②を添付

海外ジェネリック通販でトリキュラーをお探しなら、安心と信頼のスピード対応!「お薬レスキュー119」にお任せください

トリキュラーの病院処方

トリキュラーは日本では要処方箋薬です。 初めての処方時の検査は問診・血圧測定・体重測定、更に希望により血液凝固検査・子宮頸部細胞診・性感染症検査・乳房検診等です。病院の対応にはかなり差がありますので、病院はしっかり選びましょう。通院しやすい場所かどうか、そして何より医師との相性が大事ですので、実際に足を運んで確かめてみることをお勧めします。

 ピルの通販「お薬レスキュー119」でトリキュラーの購入はこちらから

トリキュラーの通販

トリキュラーは通販で合法的に購入することも出来ます。これはどういうことなのかというと、例えば海外で生活していた方が日本に帰国した場合にその薬を使用することを選択肢として法的には除外しないという意味合いです。 (※注 ただし自身の使用分だけです。自分が買ったトリキュラーを、家族や友人に譲ることは違法ですのでやめましょう)
トリキュラーは「飲み続ける薬」ですので、毎回病院処方では金額が大変です。海外からの輸入品ならば、国内で医師に処方してもらう時の半額程度で、気軽に入手することが出来ます。海外通販といっても普通のネットショッピングと同じものです。ちなみに病院で出す薬と通販で買う海外の薬は、成分も効き目も全く同じものです。 薬の費用を抑えたい場合、または通院の時間を取れない場合は、通販の利用がお薦めです。

トリキュラーの値段・価格

病院で処方してもらう場合は、大体¥1,800~¥2,500が一般的な価格となっているようです。ただ、病院の場合はこれ以外にも診察料等が必要となります。
ネット通販で購入する場合は¥1,000~¥1,800くらいが相場となっています。ネット通販ではほとんどのサイトでセット割引きでお安く購入できるように価格が設定されています。ピルの服用は長期間にわたりますので、信頼できる通販サイトを見つけたら、おまとめ買いがお得な購入の仕方ですので、いろいろと通販サイトを比較してみることが大事です。

 ピルの通販「お薬レスキュー119」でトリキュラーの購入はこちらから

トリキュラーの飲み方・服用方法

このページでは低用量ピルのトリキュラーの飲み方・効果・副作用・入手方法・値段等を解説しているので、「お薬レスキュー119」のトリキュラー購入画面へのアクセスとして商品画像③を添付

海外ジェネリック通販でトリキュラーをお探しなら、安心と信頼のスピード対応!「お薬レスキュー119」にお任せください

トリキュラーの服用方法は非常に簡単です。1日1錠、決められた順番で飲むだけです。飲む順番はシートに説明があるのですぐ分かります。 ただし、トリキュラーは2日以上飲み忘れると避妊効果が無くなるため、必ず1日1錠飲む習慣を身に付けましょう。もし1日忘れた場合でしたら、気付いた時点で前日分と当日分の2錠を飲みましょう。2日以上忘れた場合は服用を中断し、また次の生理から服用し直しましょう。なおトリキュラー28の、シートの一番下の段、やや大きな白い錠剤7つは、飲み忘れても一切問題ありません。これは偽薬(プラセボ)という、女性ホルモンが含まれていない錠剤です。毎日1日1錠飲み続ける習慣を身に着けることで、次の新しいシートを飲み始める日を間違えないようにしているためだけのものだからです。(※シートの1~2段めの小さな白い錠剤は、飲み忘れないようにして下さい)
トリキュラーを飲み始めるタイミングは2種類あります。一つ目はデイ1スタートと呼ばれる方法で、生理の1日目から始める一般的なスタートタイミングです。飲み始めた初日から避妊効果がスタートします。もう一つ目は、サンデイスタートという、生理のあとの最初の日曜から飲み始める方法です。週末に生理がぶつからないように調整出来るのがメリットですが、避妊効果が確実になるのは、飲み始めた2週間後くらいとなります。また、トリキュラーと一緒に摂ると、相互作用により、効果が増減したり副作用が強くなったりする薬や食べ物がありますので、どうしても摂らなくてはならない場合は、必ず医師とご相談下さい。

ピルの通販「お薬レスキュー119」でトリキュラーの購入はこちらから

 

トリキュラーの効果・作用

このページでは低用量ピルのトリキュラーの飲み方・効果・副作用・入手方法・値段等を解説しているので、「お薬レスキュー119」のトリキュラー購入画面へのアクセスとして商品画像④を添付

海外ジェネリック通販でトリキュラーをお探しなら、安心と信頼のスピード対応!「お薬レスキュー119」にお任せください

トリキュラー服用の最大の効果は、高い避妊成功率です。生理の日からスタートし、シートの順序に従って1日1回、21日間服用、7日間服用中止(休薬期間と言います)を守れば、妊娠をほぼ100%回避することが出来ます。 避妊効果が出るのは、飲み始めのタイミングによってちがってきます。生理の初日から飲み始めた場合はその日から、初日以外の飲み始めだと、およそ7日目以降から避妊効果を発揮します。 避妊効果のほかにも、ホルモンバランスを安定させる作用によって、数多くのメリットがあります。 月経周期をきっちり28日にコントロール出来るため、旅行、運動、仕事等の行動計画を立てることが容易になります。また、生理そのものが軽くなるので、生理痛やPMS(月経前症候群)の症状が和らぎ、更には経血量も減少します。これ以外に、ニキビ、プレ更年期、更には子宮内膜症、卵巣癌、子宮体癌のリスクを減らす効果も期待出来ます。

 ピルの通販「お薬レスキュー119」でトリキュラーの購入はこちらから

トリキュラーの副作用・危険

このページでは低用量ピルのトリキュラーの飲み方・効果・副作用・入手方法・値段等を解説しているので、「お薬レスキュー119」のトリキュラー購入画面へのアクセスとして商品画像⑤を添付

海外ジェネリック通販でトリキュラーをお探しなら、安心と信頼のスピード対応!「お薬レスキュー119」にお任せください

トリキュラーは「体を妊娠時と同様な状態にする薬」であるため、つわりと似た症状が起こることがあります。これらのマイナートラブルと呼ばれる初期の副作用として、よく見られるのが、頭痛と吐き気、乳房の張り等です。これらはトリキュラーを飲み始めてから日数が経過し、体が慣れてくるとほとんど気にならないくらいに回復します。 もし3ヶ月以上経っても症状が軽減しない場合は、トリキュラーが体に合わないことが考えられますので服用を中止し、医師と相談した上で、別の種類の低用量ピルを試してみましょう。重大な症状を伴う副作用は、滅多にあるものではありません。しかし副作用が起こりやすい体質の女性は存在します。 最も深刻な副作用の一つはは血栓症と言われています。問診または検査で、血栓症になりやすいと判断された場合はピルは処方されません。心配な方は一度医師に相談してみましょう。

 ピルの通販「お薬レスキュー119」でトリキュラーの購入はこちらから