ED(インポ・勃起不全)について全力解説! 

ED(イーディー)とは専門的には、「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」と言われています。
英語で「Erectile Dysfunction」、日本語で「勃起障害」あるいは「勃起不全」と訳され「勃起機能の低下」にあたります。一般的によく使われているのが「インポ」です。
完全に勃起ができない状態が「ED」と捉えがちですが、「勃起に時間がかかったり」、「勃起しても途中で萎えてしまったり」して、好ましい性交が無理だと思う人は、いずれも EDの疑念があるのです。

安心安全なEDの通販

EDの症状  

満足のいく勃起が得られない、それがEDです。 

「なかなか勃起しない」「最近、SEXに頭を悩ましている」「始終満足のいくようなSEXができない」「時々勃起しないことがある」「性行の途中で体力がゼロになる」
こういった風に、EDといっても自覚する症状は人それぞれに異なっています。

正常な勃起との違いは? 

性的刺激が脳からの信号により、神経を介して男根に伝わると、陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)の動脈が大きく拡がり血液が流れ込みます。これが適正に勃起している状況にあります。
血管自体に動脈硬化などの障害がある場合には、陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)の動脈が拡がらないため、十分な量の血液が流れ込まず、勃起が起こらない、あるいは喜ばしい勃起が見受けられないという症状をもたらします。
糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病にかかると、EDになる危険性が高くなるのはそれが要因です。

ED治療薬といえば

日本人のED実情

成人男性の4人に1人がED症状という実態

男性を対象として為された調査に因れば、成人男性の4人に1人が勃起が十分とは言えず、時折性交をすることが難しい中等度ED、若しくは、勃起しないためいつもながら性交ができない完全EDです。
不定期でできない軽症EDを含めると、EDと診断される人はさらに増え、外来患者さんでの調査ですが、成人男性のびっくりすることには53%になります。

EDでお薬をお探しならこちら

なぜEDに?

 年齢だけに限らず、生活習慣のタイプがEDが発生する原因に

そのように言われると加齢と共にEDになる割合は増えます。けれども、近頃では年齢のせいだけではないことがはっきりしています。
気が付いたらストレスをためていたり、バランスを失った食事を続けていたり、自家用車での通勤による運動不足、日常のお酒の飲みすぎ、喫煙など、日常生活パターンが原因となって発生することが多いのです。
糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病の方は、EDになるリスクはより一層上がってしまいます。

動脈の拡がりが不十分だとEDを発症しやすい

性的刺激が脳の中からのサインにより、神経を通じて男性器に伝わると、陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)の動脈が大きく拡大していき血液が流れ込みます。
これが正常に勃起している状態です。
血管自体に動脈硬化などの障害がある状況では、陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)の動脈が拡がらないため、十分な量の血液が流れ込まず、勃起が起こらない、あるいは満足な勃起が得られないという現象をもたらします。糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病にかかると、EDになる危険性が高くなりますのはこのためです。

安心安全の海外通販バイアグラ

 EDの原因① メンタルな圧迫感があるケース

心理的な要因で起こる「心因性ED」

誰にでも起こりうる、ひときわ多い現実  

心因性EDは心因により、大きく分けると2つの原因によります。
1つ目は現実心因で、普段の何てことのないことがストレスとなり、このことよりでEDが発生するパターンです。
例えば、パートナーの女性に「ダメね」、「もう一度ね」「歯がゆいね」などと言われ、その言葉遣いに敏感に反応し、会話のショックでEDになったりするのもあるようです。
また、日頃から疲弊しきっている、結婚ライフでお嫁さんと思い通りにならない、お金の面のストレスがある、など自身にてほぼ原因として身に覚えがあるものが現実心因です。
この場合、カウンセリングや薬の服薬で簡単に治ることがあります。
もう1つは生活環境にはこれといって精神的なストレスはないものの、幼かった時の体験や性的トラウマなど昔の出来事に影響されて、心の深層にある原因がEDの原因となる場合です。
深層心因の場合、ほとんどの場合は無意識ないし意識下の世界に影響されているため自分自身は見当がつかず、原因解明までに長い期間を要し、ケアが困難な場合がよく見られます。

安心安全の海外通販カマグラ

 EDの原因② 血管や神経に疾患のあるケース

病気、外傷などで起こる「器質性ED」

生活習慣病により発生するED

糖尿病や高血圧などの生活習慣病がきっかけとなって、血管や神経が障害を受けて発生する器質性のEDです。
例をあげると、陰茎を通る動脈の動脈硬化が過ぎるとEDが起こりがちになります。動脈硬化は全身病の1つと言われ、生活習慣病と密接しています。なので、糖尿病、高血圧、脂質異常症、心血管障害など血液循環に関連する生活習慣病を有する方はEDが起こりやすくなるのです。それとは別には過度の喫煙、飲酒もEDの原因と考えられています。

老化により発生するED

年をとると、EDの症状が現れてくることが多いと思います。これは、年をとるにつれて、血管や神経に様々なトラブルが生じる為ですが、特に動脈硬化による血管障害はその原因のひとつです。加齢によるED発症は付いて回るものの、老後になってからも正常な勃起を固守するためには、普段よりEDの元となっている病気の予防、生活スタイルや嗜好性などに心掛けることが大事です。事実、80歳を超える男性でも健康的に問題なければED治療を行うことは可能だと思いますので、ギブアップしないでドクターに相談してみてください。

安心安全なEDの通販

外傷や手術により発生するED

前立腺がんや膀胱がんの摘出術、直腸がんの切除術などの骨盤内臓器を摘出する手術は、陰茎海面体の血管や神経を損傷する危険性があります。
以前は、がんの手術いうものは再発をブロックするためできるだけ相当な部分を取り去る施術がなされてていました。
ところが、今日では施術後の日常生活に重点を置いて、勃起機能を保つために神経や血管を出来るだけ保持する手術法をとっている医師が多くいます。手術を行なう前に医師と十分満足なコンタクトを行うことが大事です。更に、外傷では交通事故などによる骨盤骨折や脊椎損傷がEDの要因では最も増加します。外傷の場合、麻痺や神経反射機能の程度によっては時間を必要とするものの、元気になる場合もあります。

 神経の障害により生じるED

パワフルな勃起のためには、神経が大きな影響を与えます。神経には脳を含む中枢神経、脳と末梢をつなぐ脊髄神経、身体全体に広がる末梢神経がありますが、性的刺激を受けた脳は、この神経を介して、その信号を男性器に送ります。これに伴って、これらの神経が障害を受けると、脳からの信号が男性器まで伝わらず、EDの誘因となります。 脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などの疾患は、自律神経障害の要因となるためEDの原因になりますが、従来はあまり知られていませんでした。今日では、ED治療薬が販売されてからは一般のリハビリテーション病院でもEDに関する相談を行う窓口が急増しています。

 その他の原因により生じるED

慢性腎不全の方や血液透析を受けている方では、ホルモンが変容したり、身体内の動脈硬化や神経障害が段階を経て進んでいくためにEDが生じやすくなります。また、前立腺肥大症、前立腺炎や精巣静脈瘤などの泌尿器科系の疾患もEDの原因となりえます。また、排尿状態がマイナスなどが精神的な悪影響を及ぼしてEDへと進展したり、治療法の一部にEDがもたらされる薬剤が含まれていることもあります。これとは別に、椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍、多発性硬化症などの疾患、生まれ持った病気により男性器の形がSEXに合っていない場合なども、EDの原因となることがあります。

EDでお薬をお探しならこちら

EDの原因③ 特定の薬剤を摂取して生じるED(薬剤性ED)

抗うつ薬や降圧剤など、日頃から服薬している薬剤が原因に。

服用している薬剤がEDを引き起こす素因になることもあります。 誰もが知る薬剤として、「中枢神経や末梢神経に作用する薬剤」、「循環器系に作用する薬剤」、「消化管に作用する薬剤」等があります。 「抗うつ薬」や「降圧剤」など、日常飲用している薬剤が要因になりうるので、ご注意ください。

中枢神経に作用する薬剤
・解熱・消炎鎮痛剤
・抗うつ薬
・抗けいれん薬
・抗精神病薬(メジャー・トランキライザー)
・催眠鎮静薬などの向精神薬 .
末梢神経に作用する薬剤
・鎮けい薬
・抗コリン薬
循環器系に作用する薬剤
・不整脈治療薬
・利尿剤
・降圧剤
・血管拡張剤
・脂質異常症治療剤
消化管に作用する薬剤
・消化性潰瘍治療薬
・抗コリン薬
・鎮けい薬

安心安全なEDの通販

生活スタイルから見たED

生活スタイルとED

血糖値が高めの方

糖尿病とEDの関係
日本人男性の糖尿病患者数(予備軍も含む)はおよそ138万人と推計されますが、糖尿病の患者さんは、糖尿病でない場合に対比して約2倍 もEDを発生し易いことが知られています。糖尿病は生活習慣病の中でもEDの起こる割合がとりわけ高い疾患であり、EDの要因として用心することが重要になります。
なぜ糖尿病だとEDになりやすいの
勃起は神経系と血管系が複雑に関与して発症します。ですが糖尿病によって血糖値の高い状態が継続していくと、これらの神経や血管が障害を受け、性的刺激がうまく男性器に伝わらなかったり血液の流れが劣化したりしてEDの状態が発生します。 糖尿病の進行の度合によりEDの症状も軽度から重度のものまでいろいろです。 

ED治療薬といえば

血圧が高めの方

血圧とEDの関係
高血圧患者のED合併率は約70%と高く、さらに重症化しやすいという性質があります。 日本人を対象とした研究でも、高血圧患者はそうでない患者の約2~3倍EDを合併しやすいといわれています。
なぜ高血圧だとEDになりやすいの?
勃起は、男性器海綿体の動脈が大きく拡がり血液が流れ込むことで生じます。でも、高血圧によって男性器海綿体の動脈が変調を受けると、十分な量の血液が流れ込まず、EDの状態が現れます。その上、服薬している薬剤がEDに影響を与えることもあるため、気になる方は一度ドクターに相談しましょう。

肥満・運動不足が気になる方

肥満とEDの関係って?
肥満はEDと関連していることもあり、BMI値が高いほどEDのリスクが上昇するとの海外のデータがあります。 特にBMI値が30kg/m2以上の人では、23kg/m2未満の人の約1.7倍リスクが高まることが判っています。
運動不足もEDに影響がある?
運動不足とEDの関連もないとは言えない。 一例として、全く運動しない人のED発症リスクは、週2時間半以上ランニングをする人の約3倍というデータもあります。肥満や運動不足に心当たりがある人は、ドクターに相談してみましょう。

安心安全の海外通販バイアグラ

 

ED治療薬の人気商品は?

人気商品の特徴と商品名をチェックしてみよう!

①勃起力で人気はバイアグラ(シルデナフィル)

今だED治療薬の代名詞ともいえるバイアグラ。その特徴としては、安心感と勃起力と言われています。その成分はシルデナフィルといい、最近ではジェネリック薬の利用者も増加しています。その中でも大人気な商品がカマグラゴールドです。ジェネリック薬なので、効果作用はバイアグラと遜色なく、なんと言っても安価なので、コストパフォーマンスが最高です。バイアグラのユーザー達が挙ってカマグラゴールドに移行しているのは、それなりの理由が有るという事なのでしょう。

・バイアグラについて全力解説

・カマグラについて全力解説

②持続力で人気はシアリス(タダラフィル)

とにかく、服用後の持続力・持続性で大人気なのが、シアリスです。主成分はタダラフィルと言い、最長で30時間を超える持続性が有ると言われています。他のED治療薬ですと、服用後30分後くらいから効果が出始めますが、シアリス・バルデナフィルは服用後1~2時間程を要しますので、ゆっくりと事前に服用できるのがいいですね。シアリスにもジェネリック薬が販売されており、人気商品として「タダシップ」や「タダリス」があります。

③速効性で人気はレビトラ(バルデナフィル)

すぐに効果が発揮されることで人気なのが、レビトラです。レビトラの主成分はバルデナフィルと言い、服用後15分程で効果が現れるのが特徴です。急な性行為の機会にも十分に対応できるED治療薬として、常備しとくにはもってこいの商品です。こちらのレビトラにもジェネリック商品があり、「ビリトラ」や「バリフ」などが人気です。

④総合力で人気はアバナ(アバナフィル)

第4世代のバイアグラとして、注目されているのがステンドラです。ステンドラの主成分はアバナフィルと言い、勃起力・持続性・速効性の3拍子を揃えたハイブリッド型ED治療薬です。こちらのアバナフィルにもジェネリック商品があり、大人気なのが「アバナ」です。また、早漏でお悩みの方にも嬉しいダポキセチン配合の「スーパーアバナ」等も大人気となっています。

 

EDセルフチェック

簡単なチェックであなたの状態がわかります。
成人男性の4人に1人、という事実
EDは、「まったく勃起しない」状態だけを指すのではありません。 勃起を維持する自信や、性交の満足度など、国際勃起機能スコア(IIEF短縮版)に基づく質問票からあなたのED度を確認してください。 全ての項目に回答するとあなたのED度診断が分かります。

※IIEFとは International Index of Erectile Function(国際勃起機能スコア)の略で、EDのスクリーニングや治療の効果判定に使われています。この「EDセルフチェック」は医療機関でEDの診察を行う際に補助資材として使われている問診表(IIEF-5)をもとに作成しています。

最近6か月で、あなたの状態に該当するスコア(1~5または0~5)をお選び下さい。

① Q.勃起してそれを維持する自信はどの程度ありましたか
1) 非常に低い
2) 低い
3) 中くらい
4) 高い
5) 非常に高い .

②Q.性的刺激によって勃起した時、どれくらいの頻度で挿入可能な硬さになりましたか
0) 性的刺激はなかった
1) ほとんど、又は全くならなかった
2) たまになった(半分よりかなり低い頻度)
3) 時々なった(ほぼ半分の頻度)
4) しばしばなった(半分よりかなり高い頻度)
5) ほぼいつも、又はいつもなった .

③Q.性交の際、挿入後にどれくらいの頻度で勃起を維持できましたか
0) 性交を試みなかった
1) ほとんど、又は全く維持できなかった
2) たまに維持できた(半分よりかなり低い頻度)
3) 時々維持できた(ほぼ半分の頻度)
4) しばしば維持できた(半分よりかなり高い頻度)
5) ほぼいつも、又はいつも維持できた .

④Q.性交の際、性交を終了するまで勃起を維持するのはどれくらい困難でしたか
0) 性交を試みなかった
1) 極めて困難だった
2) とても困難だった
3) 困難だった
4) やや困難だった
5) 困難ではなかった

⑤Q.性交を試みた時、どれくらいの頻度で性交に満足できましたか
0) 性交を試みなかった
1) ほとんど、又は全く満足できなかった
2) たまに満足できた(半分よりかなり低い頻度)
3) 時々満足できた(ほぼ半分の頻度)
4) しばしば満足できた(半分よりかなり高い頻度)
5) ほぼいつも、又はいつも満足できた

自己採点
22-25点 :EDなし
17-21点 :軽度ED
12-16点 :軽度ないし中等度ED
8-11点 :中等度ED
5-7点 :重症ED
1-4点 :ED疑い

お薬レスキュー119トップページ