シアリスとは

このページではED治療薬のシアリス・タダラフィルの飲み方・効果・副作用・入手方法・値段等を解説しているので、「お薬レスキュー119」のシアリス通販購入画面へのアクセスとして商品画像を添付

海外ジェネリック通販でED治療薬のシアリスをお探しなら、安心と信頼のスピード対応! 「お薬レスキュー119」へ

バイアグラ、レビトラに続いて3番めに登場したシアリス。日本国内では2007年から市販開始された比較的最新の薬で、アメリカのイーライリリー社によって販売され始めました。 シアリスの最大の素晴らしい所は、勃起の持続時間の長さです。他の薬が5~6時間の維持効果と比べシアリスはなんと24~36時間の効き目を生み出します。 この効き目をもたらすポイントが成分のタダラフィルの影響によるもので、水に溶けにくい特性だからこそ継続化が得られるなによりの理由です。 個人毎によって効き目のギャップはありますが、飲用者の大抵が勃起の継続化を感じることができるだと思います。

ED治療薬といえば

 タダラフィルの効果

このページではED治療薬のシアリス・タダラフィルの飲み方・効果・副作用・入手方法・値段等を解説しているので、「お薬レスキュー119」のシアリス通販購入画面へのアクセスとして商品画像②を添付

海外ジェネリック通販でED治療薬のシアリスをお探しなら、安心と信頼のスピード対応! 「お薬レスキュー119」へ

シアリスの成分のタダラフィルは、バイアグラのシルデナフィルや、レビトラのバルデナフィルと同じ様にEDの大元となるPDE5とよばれる体内の酵素作成を阻害させる効能をもたらす成分です。PDE5は勃起をさせなくさせる酵素であるため、これが身体中に充満してしまいますとその結果勃起不全EDになります。このPDE5の生成を抑制して勃起しやすくさせることがED治療薬の用途ワケです。
タダラフィルのケースでは、他の薬とずいぶん違う点が2つあると言えます。1つが勃起効果の時間の長さ。もうひとつが食事への影響です。タダラフィルは水に溶けにくい特徴であることは前述した通りですが、溶けにくいことで薬の成分が身体内に残り効能を持続化させます。それとともに、徐々にと成分が身体の中に行き渡るため食後の飲用でも不具合なく効能を出すわけです。とは言っても、脂分の多い食事や過剰なカロリー摂取によって効き始めが遅くなることがありますので、頭に入れましょう。

EDでお薬をお探しならこちら

 効果の発現と持続時間

シアリスは【5mg・10mg・20mg】の3種類がございます。含有量が大きくなるにつれて効き目や副作用が著しくなっていきます。シアリス1錠の効果はどの成分量でも差が無くて、セックスの約1、2時間前に飲用することで効き目が現れます。食事の影響は受けにくいものの、出来るだけ食前に飲むことで効果的な成果は生じやすくなります。 更に勃起の持続時間は、含有量によって異なっています。個人毎に差はありますが5mgの場合ですと約16時間、10mgの場合だと約24時間、20mgだと約36時間と言われています。ただし、成分の量が多くなるということは副作用に対するリスクも同時に関与するということを覚えておくようにしましょう。

 シアリスの飲み方の注意点

・セックスを始める約1、2時間前には飲用しておくようにしてください。
・服用は1日につき1回のみとし、服用後24時間は確実に空けるように留意して下さい。
・食事の影響は受けませんが、必要以上の飲酒や喫煙は勃起力に関係してきます。
・体の調子や精神状態によっては豊富な効果がでない場合もあります。

安心安全なEDの通販

シアリスの副作用

このページではED治療薬のシアリス・タダラフィルの飲み方・効果・副作用・入手方法・値段等を解説しているので、「お薬レスキュー119」のシアリス通販購入画面へのアクセスとして商品画像③を添付

海外ジェネリック通販でED治療薬のシアリスをお探しなら、安心と信頼のスピード対応! 「お薬レスキュー119」へ

シアリスも他のEDの治療薬と一緒で副作用が見られます。シアリスを含めたED治療薬の最も大きい副作用として出やすい症状として「頭痛・ほてり・動悸・鼻づまり」があります。これはED治療薬自体が体の血管を拡げて勃起しやすい状態にさせる薬であるため、血の巡りが向上することでこれほどの副作用が伴うというわけです。副作用が出てるということは薬の効果がでている状況にあります。薬の効果が消え去っていけば副作用も自然に治まっていくはずです。
それとは別に、シアリス固有の副作用もあります。それは筋肉痛のような痛みです。他の副作用と比べると例外的な症状ではありますが、バイアグラやレビトラなどと比べると高い度合で副作用として起こっているということです。こんな副作用も薬の効き目が消えるに連れて抑えられていくことと思います。けれども一時的である副作用がしばらく続く場合では、体質に合っていないリスクもあるのでその場合は病院でドクターに相談することを意識しましょう。

EDでお薬をお探しならこちら

 シアリスの併用禁忌薬

シアリスを使用時、他の薬を使用している場合に強い副作用が現れることがあります。持病等によって他の薬を使用している際は、必ずシアリスとの併用が可能かどうかを確かめるようにしましょう。

・硝酸剤

硝酸剤はニトログリセリンとも言われ、狭心症や心筋梗塞などの薬として活用されており、血圧を下げる効果が期待できます。シアリスも血圧を下げる効き目があるため併用してしまうと行き過ぎた血圧低下が起こって、以前に命を落とす悲劇も起きています。飲み薬や舌で舐め溶かす舌下錠、塗り薬、貼り薬、吸入薬、スプレー、注射など様々な薬に硝酸剤は採用されています。

・亜硝酸アミル

亜硝酸アミルも狭心症などの心臓疾患に活用される薬です。硝酸剤と同じ様に血管を拡張させて血圧を下げる働きがあることからシアリスとの併用は禁止となっているのです。

・硝酸イソソルビド

硝酸イソソルビドも血流を良くする効き目があり、心筋梗塞や狭心症などといった心臓の病気の際に扱われている成分です。錠剤や注射、貼り薬などに扱われており、血圧の低下がもたらされることからシアリスとの併用は禁止されています。

・リオシグアト(アデムパス)

リオシグアト(商品名:アデムパス)はシーテフという「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」の治療薬として活用されていて、肺血管の血圧を下げる効果を発揮します。その為、同じく血圧を下げる効果のあるシアリスとは併用は認められていませんのでご注意下さい。

安心安全なEDの通販

服用可能かをチェック

簡単に摂取ができて素晴らしい効き目が発揮できるシアリスですが、決して全ての人々が飲めるとは限りません。下記のチェックリストをチェックにし、一つでも当てはまった際はシアリスが摂取出来ませんので確認しておきましょう。
1. シアリスを服用し、アレルギーを起こしたことがある方。
2. ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど血圧低下を促す薬を投与中の方。
3. 不整脈や低血圧(最大90未満もしくは最小50未満)または高血圧(最大170以上、もしくは最小100以上)のある方
4. 心臓や血管といった循環器系の疾患があり、安心して性行為ができない方。
5. 不安定狭心症または性行為の途中に狭心症を発症したことのある方。
6. 最近3ヶ月以内に心筋梗塞を起こしたことのある方。
7. 最近半年以内に脳梗塞や脳出血を起こしたことのある方。
8. 肝障害(重度)の方。
9. 網膜色素変性疾患の方。

EDでお薬をお探しならこちら