ED治療薬の個人輸入って何?

EDの治療薬は病院だけじゃなく、海外の薬局から直接オーダーする「個人輸入」の形式で入手することが可能です。これは日本の法律でも違法とならない方法です。 個人輸入とは、使う側が国外からじかに手続きして品物をお取寄せする仕方です。こうした形で商品を入手する契機は少ないかと思うのですが、医療機関で処方される薬をネット上で購入する場合には「個人輸入」という形が最も一般的な方法です。「個人輸入」は医薬品に限らず家具や生活雑貨などを海外から商品を取り寄せる場合は誰でも活用ができますし違法性もありません。更に、外国の業者とストレートに連絡が取れない方でも「個人輸入代行サイト」が対応してくれますので安心して利用することができます。多くの方が個人輸入を行う際、その大部分が「個人輸入代行サイト」を利用して購入しています。

安心安全なEDの通販

通販で医薬品が購入できる仕組み

日本の薬に関する薬機法では、日本国内で生産する薬は日本国内でのみ販売可能となっています。その為、国内で生産されているEDの治療薬は病院でないと手に入れることができません。 しかし国外で製造された薬については、その地域から「個人輸入」という形でお取寄せができます。どういう理由で出来るのかといえば、国外で暮らしていた方が日本に帰国した際、その地域で服用していた薬が日本で使えなくなってしまうというのは帰国者にっとって大変不自由だからです。ですから現在は「個人が使用する薬」限定で国外から取り寄せることがができるような仕組みになっています。 加えて、国外に住んだことの無い方でも個人輸入は利用できます。

ご存知のように、日本では基本的人権が最大限尊重されています。 基本的人権の一つに「選択の自由」という概念があります。例えば、海外移住の自由であったり、職業選択の自由といったものです。更に現代社会ではインターネットを介し、様々な情報を手に入れることが可能です。こういったことを踏まえて、医薬品に関しても個人の選択肢は尊重されるべきです。ただ、医薬品に関しては直接的に重大な健康被害をもたらす危険性も隣あわせですから、ちゃんと規制をすることも大事です。こういった「基本的人権」と「公共の福祉」のバランスを考えて、個人使用に限り海外からの購入が可能となっていると考えて良いのだと思います。

安心安全の海外通販バイアグラ

 個人輸入代行業者、代行サイトって?

国外の医薬品、ジェネリックを取り寄せるケースでは、本来であれば入手先に自身がじかに問い合わせをする必要があります。しかしながらコンタクトをとる場合、原則的に全て外国語での対応となります。応じられる方なら問題ないですが、殆どの方は大変に感じることが考えられます。 個人輸入代行業者は、お客様と購入先との間に入ることで円滑に買えるように両者のサポートを行います。
医薬品を取り扱う代行業者にはED治療薬など国外で販売されている色々な医薬品が品ぞろえされていて、個人輸入のお申し込みを日本語で行うことが可能です。商品代金を払ってお手続きが完了すると今度は代行業者側が海外の業者に購入の問い合わせをし発注手続きを行った後、国外から直接お客様の自宅に送られます。

安心安全なEDの通販

病院処方と海外通販との違い

病院処方のケース

通院でED治療薬を購入する場合、薬代以外の費用も忘れてはいけません。まず診察料が必要です。初めての方は初診料、そして2回目以降は再診料が合わせて必要になります。また薬そのものの薬代に加え、病院側が作る調剤料(胃薬等)も必要になります。このように病院処方で購入するとなると薬代以外の費用がかかり、経済的負担は決して楽ではありません。加えて言うならED治療は保険適用外です。

海外通販のケース

その点、海外通販でかかる費用は薬代と送料のみです。海外通販の薬は日本の病院で処方されている薬も数多く販売されています。また、本来必要不可欠な処方箋も海外通販で購入する場合は不要です。薬の単価自体も病院処方のケースよりとっても安価な場合がいっぱいあります。もちろん 送料は必要になりますが国内一律1000円程度が一般的で、10000円以上の購入で送料が無料になる代行サイトもありますので、病院処方のケースと対比してみてコスパが良いといえるでしょう。 ただし、マイナス点としては、国外からの商品取り寄せですのでどうしても到着までに日数を要します。商品到着までに2週間程度は必要なので、利用してみたい日から逆算して購入することをお薦めします。

EDでお薬をお探しならこちら

通販の優れた点

1.国内で買うよりも何と言っても安く購入できます。
2.国内で販売されていない薬も購入可能です。国内では未承認のため病院で処方できない薬も国外から取り寄せることで購入することができます。ED治療薬のジェネリックの大部分が日本国内では未承認のため病院では処方されませんが、通販で取り寄せることができるため選択肢が広がることでしょう。
3. 薬代、送料以外必要ない。通院の際にかかる診察代や調剤代などの費用は生じません。
4.内密に購入できる。 通販の場合、処方箋が不要です。よって病院に行く必要が無いわけですから病院で知人に出くわす心配もなければ、病院での受付も必要ありません。また通販の場合、オーダーした荷物は自宅へと届けられますが、郵便局留めを指定して受け取ることも出来ます。

通販の悪い点

1.商品到着までに日数がかかる。国外から薬を取り寄せる形態となりますので、オーダーした日から約10日から20日前後かかることが考えられます。
2.薬の説明文等が外国語である。国外で製造されている薬ですので言うまでもなく、箱や添付文書(説明書)は外国語表記になっています。ただし、薬を購入した通販サイトには使用方法や飲み方、効果、副作用などが日本語で解説されています。
3.偽物のケースがある。需要のある薬には偽物が作られているケースがよく見受けられます。世界規模で注目を集めるED治療薬のバイアグラの偽物は驚くほどたくさん発見されています。偽物には精巧に制作されているものもあれば大雑把に制作されてるものまで幅広くあります。通販で購入する場合は信頼のおける通販サイトで購入することに注意しましょう。

安心安全なEDの通販

商品梱包について

ED治療薬の利用は正直なところ、他人に言えるような内容ではありませんし、身内などにも極力秘密にしておきたいものです。その点特に心配する必要はないと思われます。 通販購入のケースでの梱包には実質的にはプライバシーに心配りをしています。パッと見ては全然何が届けられたのか見当が付かないくらいです。ところが、国外からの配送であることはわかります。自宅以外の配送方法として「郵便局留め」での対応が出来ますので、選択肢の一つとして覚えておくと良いと思われます。

安心安全の海外通販バイアグラ

代行サイトを利用する時の留意点

個人輸入の代行サイトを一回でも利用すれば、お申し込み自体に困難さを実感することはきっとないと思います。けれども薬を通販を購入する際、心掛けてほしい点がございます。 とりわけ、バイアグラは勿論のこと、ED治療薬は劣悪品や偽造品が数多く売られているのが実態なのです。インターネットを経由して購入することを悪用し、相手が見えないことを背景に偽造品を売るケースも多くあります。代行サイトを介して薬を買う場合、サイト内に「特定商法取引表記」が掲示されていることを見ておきましょう。これはサイト上で商品を販売する際に必ず表記しなければならないもので「会社名、所在地、電話番号、責任者(代表者)の氏名」などがしっかりと明記されていれば信頼に足るサイトだと考えられます。また、決済は完了しているのに商品が送られてこないという問題もしばしばありますが、これを避けるためにも使う代行サイトをしっかりとチェックすることが重要になります。この点が大事ですが、代行サイトで購入できる医薬品は全て個人が使用するものに制限されます。わかりやすく言うと友人のため、家族のためにといったようなやり方でオーダーすることは出来ないというわけです。個人輸入という言い方の通り、あくまでも自分のための取り寄せに限られています。

EDでお薬をお探しならこちら