ED治療薬を比較してみよう

EDと言われる症状は、男性なら一般的に起きうるもので、男性ならではの問題です。EDは今まで、理由と治療法が分かっていませんでした。従来は不治の病とも言われていた勃起不全ですが、けれども、1998年に新薬バイアグラが登場。このことよりEDは薬で治る時代へとチェンジしました。 EDは主体的に老化が理由とも思われていました。このごろの解明により決してそれだけではないことが判っています。病態や精神的な問題、同じ様に違う薬のせいでEDになることもあります。全部がバイアグラのようなED治療薬でよくなるとは言い切れませんが、数々の問題をクリアにすることで改めて勃起ができる体質へとチェンジすることが可能になります。 そのほかここ最近はバイアグラの他にもレビトラ、シアリスといった新型のED治療薬が製造されたことにより、各々の薬に備わる性格を対比し、愛用者自身が選択して購入できる時代となりました。これらED治療薬は病院ばかりか通信販売でも購入できます。通販に関しましては、医療機関よりも安い価格で入手でき、しかもED治療薬のジェネリックも充実したので選択肢が増します。 最初に、ED治療薬の特有性を比べながら学習しましょう。

安心安全なEDの通販

効果と服用タイミングの比較

ED治療薬にはそれぞれ特有性があり、効き目や持続時間などに異なります。特有性を分かることで薬の効能をしっかりと得ることができるでしょう。勃起力はバイアグラが秀逸で、即効性で言うとレビトラ、持続性でしたらシアリスといったように薬の効果で区分して使うことができます。 飲用の機会は、シアリスはSEXの2時間前程度で、それ以外は1時間前までには摂取したほうが良いと思われます。ただしレビトラは、服用者の多くが10分程度で勃起が発生するというコメントがなされています。

  効果の発現 持続時間 食事の影響 勃起力
バイアグラ(50mg) 30~60分 5~6時間 有り
レビトラ(20mg) 15~45分 8~10時間 多少有り
シアリス(20mg) 1~2時間 24~36時間 ほぼ無し
ステンドラ(50mg) 20~30分 3~6時間 無し

 

食事の影響の比較

食事をした直後にED治療薬を服用すると効果の発症の仕方に影響がでることがあります。バイアグラは食後の服用により体への吸収がさえぎられ、望ましい効果が得られないことがあります。レビトラは、通常の食事でしたら意外に影響は見られませんが、高脂肪の食べ物(バター・マヨネーズ・ベーコン・ソーセージ)や、ナッツ類を食べたあとは成分の吸収が遅れて効き目が現れにくくなります。一方で、シアリスは食後の服用でもこれと言って問題ないのですが、高カロリーの食事はできる限り控えた方がいいと考えられます。またアルコールとの関係ですが、これは薬の効果とは関係なく、飲酒によって大脳の中枢神経の興奮作用が制限を受けることで性欲が低下することもあります。

安心安全なEDの通販

服用時の陰茎の硬さの比較

個々の薬と比べ見られる結果は若干はバラバラです。この原因は薬の成分が違っているためで、ペニスに血液をうながして膨張させる際、その血の巡りが異なって来るためです。 その中にあっても硬さが一番強固なのはバイアグラだと言えます。摂取した時に見られる勃起力の強度と重量感、そして丈夫さは残りのを圧倒します。 レビトラもバイアグラと互角の堅固さが生じます。レビトラには即効性もありますから、ベストのタイミングでも活かせるという有利性があります。年若き時を回顧する勃起力を掴めるかもしれません。  それに対しシアリスは、他のEDの治療薬と比べて頑丈さの部分では劣っています。ところが、シアリスの場合は最大36時間程度の勃起の効き目があるため、血流の膨張をあえて抑えることで持続時間を伸ばすシステムになっていま。男性器は頑丈ほうが良いと思う方もきっといるでしょう。ただ、シアリスでも個々に納得できる頑丈さだと窺えることですし相手にとっては驚くくらいの強い勃起力に抵抗を実感することもあります。各々のED治療薬とも用量を抑えることで丁度いい勃起力にコントロールすることが可能ですから、皆さんに合った容量を試してみましょう。

安心安全なEDの通販

ED治療薬の副作用の比較

勃起の改善という意味では、同じような有効性の高い各々の治療薬ですが、似たような副作用も見られます。際立って特徴的な症状は以下です。
「・頭痛・顔のほてり・動悸・頻脈・紅潮・充血・鼻づまり」。これらの症状はED治療薬の特異的な副作用です。これらの副作用で共通したものが血流改善です。薬を飲んだとき、勃起状態を好転させる作用で身体の中の血の巡りが活発化します。その様に血液が男性器に集中することで膨張し勃起しだします。簡単に言えば、血の巡りが促されることの証明として上記のような副作用が生じやすいのです。また、発生し易いのが頭痛です。治療薬の開発には副作用ができる限りでないようにするために最善が尽くされています。副作用が見られない人も無論のこといらっしゃいますが、副作用が感知できなくとも勃起が見られれば薬が効いている裏付けですので、現実的に効き目がで出れば安堵して使用できることでしょう。

安心安全なEDの通販

各種ED治療薬の特有の副作用

バイアグラ、レビトラ、シアリス、はそれぞれ発生してくる効果は同様ですが、その効果を見せる瞬間や持続性が相違しています。ですから、個々の固有の副作用も実在します。具体的に言えば、副作用が現れるタイミングは効き目の即効性のある薬であればあるほど早く起こります。レビトラは他の薬と対比すると早めに副作用が出現しやすいです。反対にシアリスはすぐには副作用が出にくいのですが、持続性が長いので副作用も長く続くことがあります。 また、それぞれわかりやすい症状がありますので以下を参照してください。
・バイアグラ ⇒ 視覚に関した副作用がたくさんあり、視野に薄く青やピンクといった色が見えることがあるのです。
・レビトラ ⇒ 胃の不快な思い。血管の拡張により胃が促され、普段以上に胃酸が多くとまらなくなるために起こりやすくさせます。
・シアリス ⇒ 体の背面側になる腰、太ももの裏、ふくらはぎ、でん部などに強い筋肉痛が出るケースがあります。
各治療薬には、共通した副作用と特有の副作用がそれぞれにあることをあらかじめ押さえておくと役立つでしょう。 服用時に見られる副作用は、大体は短期的なものであるため特に心配することは不要ですが、勃起効能がなくなったあとでも薬の副作用が持続することもあります。その際は体質的に薬が合わないこともあり得ますので、その場合はドクターへ相談しましょう。

安心安全なEDの通販

 諸症状での使用有無の比較

持病等によって日頃服薬が必要になる薬の中には、体調悪化が心配されてED治療薬との同時使用が禁止されているものがあります。加えて、病気の症状や体調が良くない時に治療薬を摂取する際は、十分な注意が必要です。各々のED治療薬を利用する場合、持病が同一でも飲める薬と飲めない薬がございますので理解しておきましょう。そして絶対ドクターの相談を受けてから服用しください。

 

   バイアグラ  レビトラ  シアリス
硝酸剤を使用中    ×    ×    ×
抗真菌薬を使用中    ○    ×    ○
HIV治療薬を使用中    ○    ×    ○
網膜色素変性症    ×    ×    ×
血液透析中    ○    × △ 要経過観察。

○=処方可能 ×=処方不可

  バイアグラ レビトラ シアリス
低血圧 最大90未満もしくは最小50未満は処方不可※薬で基準値に抑えているなら処方可能。 最大90未満は処方不可※薬で基準値に抑えているなら処方可能。 最大90未満、もしくは最小50未満は処方不可※薬で基準値に抑えているなら処方可。
高血圧 最大170以上、若しくは最小100以上は処方は不可 最大170以上、若しくは最小100以上は処方は不可 最大170以上、若しくは最小100以上は処方は不可。
不整脈 アミオダロン塩酸塩若しくはアンカロン錠を用いていなければ処方可能。 心臓の動きに変調をきたす可能性があるため処方は不可。 治療によって管理されていれば処方可能。
心筋梗塞の病歴有 発症して6ヶ月以上が過ぎているときは処方可能。 発症して6ヶ月以上が過ぎているときは処方可能。 発症して3ヶ月以上が過ぎているときは処方可能。
脳梗塞・脳出血の病歴有 発症して6ヶ月以上が過ぎているときは処方可能。 発症して6ヶ月以上が過ぎているときは処方可能。 発症して6ヶ月以上が過ぎているときは処方可能。

上記のような疾患がある方は自己の判断でED治療薬を利用せずにドクターの診断を受けて使用できるかどうかを確認することが不可欠です。薬次第で病態を考慮して利用できる場合と使えないケースがありますが、病状のある方は絶対一度ドクターに診てもらうように気を付けてください。

安心安全なEDの通販